ピアス『プリル』

はいっ!いらっしゃいませ、NOJIのマサヒロです。
最近フォルクスワーゲンのゴルフが気になります。
ライトの重心が下り、低くまとまったデザイン、美しいです。

物体としてのまとまり、曲線や切り返しを大切にするデザイン、これは光と陰を意識したことだと思います。
やはり、欧州車にはデザイン性に対する一貫した、信念がある気がします。

今回は『プリル』についてです。

さて、今回はNOJIのジュエリーの一つ、ピアスであります『プリル』のご紹介です。前回書いた記事もありますので合わせてご覧ください。

『プリル』の大きさについての話です。

僕は、『プリル』のデザインを考える際、とにかく大きく存在感のあるものを作ろうと思いつきました。
そして、資料として色々とピアスを調べている時、エルメスやティファニーなどで大きいピアスのラインナップが目につきました。

そこで僕は、大ぶりのピアスの意味を考えることにしました。
そこには、どんなメリットとデメリットがあるのか。

デメリットは?

ピアスは耳につけますので大きいとつけ心地に不安があります。
確かに大きくなるほど重心は下り、遠心力の影響を受けます。
また、大きいということは必然的に重くなるということです。

それならば、軽くないといけないと考えました。

『プリル』は、ループピアス込み全ての重量が片耳2.5gです。

これは一般的なピアスの重量であり、決して重くはありません。
大きくするためには、この程度の重量でおさめる必要がありました。

実は、『プリル』のプロトタイプはもっと大きかったです(*´ー`*)
やはり、デザインや芸術の基本は、「やりすぎるか」、「やらないか」だと僕は考えていますので、限界突破することはとても大切です(*´︶`*)

そういった試作をたくさん繰り返し、現在の重量になったわけです。

大きいメリットは?

なぜ、大きいのか。
まず、ピアスの存在感により、全身のトータルコーディネートが可能だということです。
引きで見ると普段は目立たないピアスが、大きいことで目立つようになり、華やかな印象になります。

また、ピアスが大きいので、小顔に見えるという利点もあると思います。
僕は後から知ったのですが、今年は大ぶりのピアスがトレンドだったらしいです。
だからこそ、大手ブランドにラインナップがあったんだと気付きました。

最後に

さて、このように試行錯誤の末、完成した『プリル』。
写真ではなかなか伝わらない部分も多いと思いますが、とても繊細な作りになっています。
ぜひ一度ご覧ください。

では今回はこのあたりで終わりたいと思います。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
良い1日をお過ごしください。
ではでは〜(﹡ˆᴗˆ﹡)ゞ

このブログの投稿者:
小松賢大(こまつまさひろ)
[NOJIのデザイン、製作、写真担当]
・皆様に愛着を持っていただける製品、
 サイト作りを念頭においております。
 ご質問等、気軽にお問い合わせ下さい

関連記事

  1. 日本の風景。

    日本の風景。

    日本の風景。
  2. ブログを出来れば定期的に更新したいと考えているのでそれに向けて。

    ブログを出来れば定期的に更新したいと考えているのでそれに向けて。

    ブログを出来れば定期的に更新したいと考えているのでそれに向けて。
  3. 竹と料理

    竹と料理

    竹と料理
  4. 来年1月にクリーマ主催のハンドメイドジャパンフェスに出店します。

    来年1月にクリーマ主催のハンドメイドジャパンフェスに出店します。

    来年1月にクリーマ主催のハンドメイドジャパンフェスに出店します。
  5. みなさまお久しぶりです。

    みなさまお久しぶりです。

    みなさまお久しぶりです。
  6. クラッチバッグ『エレイン』

    クラッチバッグ『エレイン』

    クラッチバッグ『エレイン』
  7. 蝉のこと

    蝉のこと

    蝉のこと
  8. 春になり色々な植物が芽吹いています。

    春になり色々な植物が芽吹いています。

    春になり色々な植物が芽吹いています。
  9. ベニシジミがいました。

    ベニシジミがいました。

    ベニシジミがいました。

在庫販売(期間限定)

カートの中

  • 只今、カートに商品はございません。
    (カゴの商品数:0種類、合計数:0)

クリックポスト対応品

クリックポスト(送料198円)対応品はこちら

同種・指定個数以内の御注文の場合、
クリックポストがご利用頂けます。
詳細は各販売ページをご確認ください。

PAGE TOP
テキストのコピーはできません。