kaku(2段)ー角物ー

ワクワクをつめる角物

,

角物の伝統的な形をベースに、
四角の縦横比と編みのパターンやヒゴ幅を変え誕生した、NOJIの「kaku」。
2段バスケットも登場です。

ピクニックやお出かけのお供に、またはインテリアとして、
あなたの日常をそっと彩ります。

ヒシギ角物:
主に九州地方で作られ、その形や用途からから「角物」、「豆腐かご」とも呼ばれる。「菱木(ヒシギ)」と呼ばれる押し広げた幅広の竹を底板として組み、他の竹細工には見られない名称のついた約20種類の部材を組んでできる、真竹を使った四角形のカゴのこと。
また、夫々の面を別々に編んだ後に組み合わせ、真鍮釘で留めるという、至ってシンプルな竹細工であり、精緻なものに比べ、頑丈な造りとなっている。
骨格となる竹ヒゴを場所に合わせた角度で熱して曲げること(火曲げ)や、最適な幅や厚みの竹ヒゴを取るためには長年の経験と勘を要すること、さらに湿気等による膨らみを押さえるためしっかりと素早く編むことも要求される。

幸せが一杯入る「kaku」であってほしい。

「お気に入りの箱に何を入れようか、ワクワクする。」
そう感じたことありませんか。
いつものランチを詰めてお出かけしたり、
インテリアとして使ったり、
kakuは「いつも」をもっと幸せにしてくれるはず。

気づかなかったhappyに近づくかもしれません。

絶妙な縦横比とサイズ感。

辺の長短比はおおよそ1.6:1。
方向によって違う顔が楽しめます。

また、各段の底編みにもこだわりました。

全てが「持ち手」付き

kakuの2段は、標準で持ち手付き。
持ち手付きだと
活躍の幅も広がります。

more product

  1. fujiー角物ー

    fujiー角物ー

    fujiー角物ー
  2. PlateBoxー角物ー

    PlateBoxー角物ー

    PlateBoxー角物ー
  3. kakuー角物ー

    kakuー角物ー

    kakuー角物ー
  4. fuji(2段)ー角物ー

    fuji(2段)ー角物ー

    fuji(2段)ー角物ー
  5. fuji(トレイ)ー角物ー

    fuji(トレイ)ー角物ー

    fuji(トレイ)ー角物ー
  6. kaku(トレイ)ー角物ー

    kaku(トレイ)ー角物ー

    kaku(トレイ)ー角物ー
PAGE TOP