貧乏草ことハルジオン

現在NOJIで使っている竹は、晒した真竹です。
この「晒した」とは別名:油抜き。
山から切り出した竹に手を加えることが必要です。

薬品で行う方法や、火を使う方法、日光に晒す方法がありますが、
油抜きした竹は、

  • 乾燥が簡単になる
  • 材質が強くなる
  • 虫が付きにくくなる
  • 表面にロウ物質が出て、艶がでる

と良い事づくめです。

更に、9~12月(農閑期)に切り出された、3年モノの竹が
虫食いも少なく、加工もし易いと言われます。

つくり手にとって
状態の良い竹に出会えることは幸せで、
割り剥ぎした時の感覚は、何とも言えないものがあります。

また「真竹」は節間も長く、節も低いことから、竹工芸や竹細工に適しています。

真竹の生産量のベスト3に入る、大分県で竹工芸を学び暮らしていた頃は、
竹の種類は余り考えていませんでした。
その意識が変わり始めたのは、長野に来てからになります。


NOJIがあるのは、長野県飯山市。
車を1時間走らせれば、山に真竹が見られますが、
我が家には、
観賞用に植えられたナリヒラダケの一種が、
野生化したと思われるものが群生しています。
(今は雑草扱いで、刈払いしています。)

「豪雪地帯の素敵な環境で育った竹を見て欲しいなぁ」
そんな欲が湧き始めました。

大きくても直径3㎝、節間15㎝~20㎝
いつもの真竹の半分以下のサイズです。

ナリヒラダケかな
葉(ナリヒラダケかな)
枝(ナリヒラダケかな)

加えて、身竹(内側の繊維質)が脆くて剥ぎにくい。
さらに、幅が3mm以上だとヒゴの両端がカミソリ状態に。
タケ・ササ図鑑に「細工には向かない」と書かれていた理由が良くわかりました。
剥ぎっぱなしで、取り合えず1つカゴを作りました。
さて、どうしよう。

ナリヒラダケのヒゴ取り

ヒゴ幅によってはカミソリの様になる

ナリヒラダケで粗いカゴ

最近作ったものは、小さな花かご。
ヒゴ幅1.2mm、厚0.4mm
このサイズなら、カミソリにならず、身竹の脆さもさほど気になりません。

業平竹の小さな花カゴ

最近つくった業平竹のカゴ。

ナリヒラダケの小さな花カゴ

柔らかいグラデーションが出ました。

火で油抜きをした所、真竹よりもマットな感じです。
油抜き前の色のグラデーションが、僅かに残っていて
素朴で美しく仕上がりました。

ナリヒラダケの色

油抜き後すぐ撮影

ナリヒラダケの油抜き

油抜きの方法で色に違いが出ます。

油抜きの方法で、色艶が変わる等、
まだまだ課題だらけで
しばらく実験が続きそうですが、
身近にある竹の良さを引き出す方法と技術を見つけたいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆



インスタにNOJIの日常載せています。
ぜひご覧ください。

(instagram.com/noji.arts/)

関連記事

  1. 自己流!美味しいポップコーンの作り方。

    自己流!美味しいポップコーンの作り方。

    自己流!美味しいポップコーンの作り方。
  2. 台形の竹製品、かわいい角物『fuji』について。

    台形の竹製品、かわいい角物『fuji』について。

    台形の竹製品、かわいい角物『fuji』について。
  3. 使う人に寄り添いたい。カクトマルノハシに込めた思い。

    使う人に寄り添いたい。カクトマルノハシに込めた思い。

    使う人に寄り添いたい。カクトマルノハシに込めた思い。
  4. みなさまお久しぶりです。

    みなさまお久しぶりです。

    みなさまお久しぶりです。
  5. 網代編み竹ピアス『プリル』ができるまで。

    網代編み竹ピアス『プリル』ができるまで。

    網代編み竹ピアス『プリル』ができるまで。
  6. マメナシを発見しました。

    マメナシを発見しました。

    マメナシを発見しました。
  7. 雪国での田舎暮らし。

    雪国での田舎暮らし。

    雪国での田舎暮らし。
  8. 家と山林の整備してます。

    家と山林の整備してます。

    家と山林の整備してます。
  9. 『プリル』のサイズは大きいです。でもちょうどいい。

    『プリル』のサイズは大きいです。でもちょうどいい。

    『プリル』のサイズは大きいです。でもちょうどいい。

期間指定販売

カートの中

  • 只今、カートに商品はございません。
    (カゴの商品数:0種類、合計数:0)

クリックポスト対応品

クリックポスト(送料188円)対応品はこちら

同種・指定個数以内の御注文の場合、
クリックポストがご利用頂けます。
詳細は各販売ページをご確認ください。

PAGE TOP