豆ざる

暮らしの道具に新しいデザインを。

竹のカゴを「いま」に受け入れていただくようにデザインしました。

従来のざるにはない形、愛着を持っていただける、そんな豆ざるです。

古き良きものにある存在感。

竹のカゴやザルには、存在感があります。
その存在感は、いまのインテリアや家具、
建築物と共にあることで、
程よいアクセントになるとNOJIは考えます。

身体に沿う曲線。

ソラマメ型のザルは、
見た目のデザインだけでなく、
ザルとしての使いやすさも考慮しました。

使って欲しいから造る。

豆ざるの縁は籐巻きで仕上げています。
その長さは、小サイズで10m以上、
大サイズでは20m程必要です。

沢山の材料を使い、時間も手間もかかるため、
量産のものと比べると、価格も高くなります。

「それでもこのざるを使って欲しい。」
そういう思いで作っています。

PAGE TOP