20200608 (1)

竹のポシェット

どんな綺麗な編み生地でも
最後にカゴを印象付けるのは
縁ではないでしょうか。

単純な作業の中に
沢山の要素が詰まる縁の計算。 .
・縁の合わせ(のりしろ)部分の先端が籐巻で隠れるように
・外縁に内縁の曲げ角度が沿うように 等

縁の長さはもちろん、厚さ、曲げ角度を
ミリ単位で気を配りながら
生地から算出していきます。

私の場合
「カチッと」した縁サイズが分かるまで
いちからサンプルを作り続けます。

そうする内に
縁だけでなく編み生地づくりも安定してきます。

早く1つ目からわかるようになりたい。

縁の計算も
数をこなすことで身について行く技術なのだと思います。

PAGE TOP
テキストのコピーはできません。