20200503

竹のハンドバッグ

今ではこのサイズが日常で、魅力的で、また難しくもあります。

NOJIの四つ目バッグ、ティスとベラは
ヒゴの厚みが0.4~0.6mmと若干違いますが、
いずれも1本ずつ包丁で整えています。

何故なら、
ヒゴにはアールが付いており
(竹は丸いので、割っても直線ではなく、少しカーブしています)

幅があるヒゴの厚みを
鋤銑(すきせん)という刃物で整えると、
ヒゴが割れやすくなるためです。
(包丁でも、確実に割れない訳ではありません)

手間はかかりますが、
長く使って頂くために必要な工程です。 .

PAGE TOP