雪のあと

今日はこの時期になると思い出すことをを少しだけ、書いてみたいと思います。

高校時代、
「二番目に好きなことを仕事にしなさい」と何かの記事で読みました。

心の底にあるものを
仕事にできる自信はなく
親の期待に添える仕事でもありません。

考えぬいて進んだのは、
環境を傷つけず、世の中から道具がなくなってもできる
人とかかわる仕事でした。

今になって思うのは、この分野が私の「二番目」だということ

学生時代を含めると、およそ20年間
その分野で学び続けられたのは、
夫や2匹の猫の存在はもちろん、
進学できた家庭環境や学生時代の友人に教授、職場の先輩方や学生に恵まれたからだと
心から感謝しています。

遠回りしましたが、今は一番好きなことを仕事にして暮らしています。

「二番目に好きなことを仕事にしなさい」
本来の意味はわからないけど
10代で知っていて良かった言葉の一つであり、
未だ振り返りのきっかけとなる言葉です。

*写真は、大雪のあと晴れ間が3日続く山の様子です。

関連記事

  1. ベニシジミがいました。

    ベニシジミがいました。

    ベニシジミがいました。
  2. クラッチバッグ『エレイン』

    クラッチバッグ『エレイン』

    クラッチバッグ『エレイン』
  3. まねのしか

    まねのしか

    まねのしか
  4. 我が家のホームタンク

    我が家のホームタンク

    我が家のホームタンク
  5. 半年経ちました。

    半年経ちました。

    半年経ちました。
  6. マメナシを発見しました。

    マメナシを発見しました。

    マメナシを発見しました。
  7. 雪国での田舎暮らし。

    雪国での田舎暮らし。

    雪国での田舎暮らし。
  8. 竹のクラッチバッグ『エレイン』ができるまで。

    竹のクラッチバッグ『エレイン』ができるまで。

    竹のクラッチバッグ『エレイン』ができるまで。
  9. 移住する 2

    移住する 2

    移住する 2
PAGE TOP
テキストのコピーはできません。