命日

1989年の秋
中学校の部活の部室で
友人が保護した三匹の子猫。
1週間程、皆で育てましたが限界に。

当時、動物は可愛いけど
怖くて触れないという
アンビバレントな状態だった私は

自転車のカゴに
半ば無理やり入られた一匹を出せないまま
自宅に連れて帰りました。

家族は皆動物好き。
でも色んな事情から、
再度元の部室に捨てに行きました。

暫く様子をみていましたが
鳴き続ける子猫の姿に
父が堪らなくなり
やはり家に連れて帰ることに。

そのまま22年間
実家で暮らしました。

最後の3年は腎不全で
お水を一滴も飲めず
#皮下輸液 の毎日でした。

輸液の時間になると
自ら階段を降りてやって来る、
ゆっくり弱い足音が
今でも耳に残っています。

私は5年弱しか一緒に暮らしていませんが、
兄弟喧嘩の仲裁をしてくれたり
悲しい時には傍に居てくれたり
沢山たくさん助けて貰いました。

今日はそんな彼女の命日です。
兄弟やお母さんに会えてるかな。
私達とも またいつか会おうね。

写真は2008年
19歳の頃の写真です。

在庫販売(期間限定)

カートの中

  • 只今、カートに商品はございません。
    (カゴの商品数:0種類、合計数:0)

クリックポスト対応品

クリックポスト(送料188円)対応品はこちら

同種・指定個数以内の御注文の場合、
クリックポストがご利用頂けます。
詳細は各販売ページをご確認ください。

PAGE TOP