竹の花が咲きました

竹や笹は
長い一生が終わると予測した時に
花を咲かせ結実し、子孫を残すそう。

長期にわたる研究が少ないことから謎が多い花で、
開花周期は
種類にもよりますが60~70年とも言われています。
(100年以上という説もありますが)

更に開花後に
地下茎で繋がる部分が一斉に枯れるという
つくり手にとってドキッとする花でもあるのです。


 
我が家に咲いたのはササの花。

おそらく 頻繁な刈払と土砂崩れ
さらに雪が少なかった等、
様々な要因が重なった影響だと思われます。

笹の種類は、調査中。
シナノザサ な気もしますが、
1㎝以上の太い稈もあり、暫く様子を見ます。

ササの葉は殆んど付かずに伸び、花を付けました。

ササの葉は殆んど付かずに伸び、花を付けました。

地上10㎝で花を出すこともあれば、1m伸びてから花が咲くことも

地上10㎝で花を出すこともあれば、1m伸びてから花が咲くことも

イネ科の花粉の飛散範囲は数十メートル。
一般の樹木よりは狭いそうです。
結実の確率も低く、地下茎が枯れてしまうとすぐに再生とは行かない植物なので、
上手く受粉して欲しいです。

ササの花。紫がかっています。

ササの花。紫がかっています。

花は徐々に穂先からぶら下がってきます。

花は徐々に穂先からぶら下がってきます。

笹の種類は観察中です

新しい笹も生えています。稈の直径が10mmを超えるものも。

この笹でアクセサリーを作り始めていたので
少しだけショックですが、

長年頑張って生きてきた
我が家のササに敬意を払い、
一部は刈払いし(ネズミが寄ってくるそうです)
少しだけ残して 秋の実を楽しみに待ちます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆


 

インスタにNOJIの日常載せています。
ぜひご覧ください。
(instagram.com/noji.arts/)

関連記事

  1. 使う人に寄り添いたい。カクトマルノハシに込めた思い。

    使う人に寄り添いたい。カクトマルノハシに込めた思い。

    使う人に寄り添いたい。カクトマルノハシに込めた思い。
  2. 青い蝶々がいます。

    青い蝶々がいます。

    青い蝶々がいます。
  3. 夏も終わりというのにとても暑いです。

    夏も終わりというのにとても暑いです。

    夏も終わりというのにとても暑いです。
  4. 竹を織るというデザイン。『ティズ』と『ティズ ベラ』

    竹を織るというデザイン。『ティズ』と『ティズ ベラ』

    竹を織るというデザイン。『ティズ』と『ティズ ベラ』
  5. 記憶

    記憶

    記憶
  6. 僕の好きなナショナルジオグラフィック。

    僕の好きなナショナルジオグラフィック。

    僕の好きなナショナルジオグラフィック。
  7. 地域の方々に助けられ日々を過ごしています。

    地域の方々に助けられ日々を過ごしています。

    地域の方々に助けられ日々を過ごしています。
  8. 新しい角物を目指して。『kaku』に込めた思い。

    新しい角物を目指して。『kaku』に込めた思い。

    新しい角物を目指して。『kaku』に込めた思い。
  9. 移住する

    移住する

    移住する
PAGE TOP
テキストのコピーはできません。